So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

心臓カテーテル検査(アセチルコリン負荷)入院 3日目 [健康生活]

2016年12月10日(土)

心臓心カテ入院、 3日目です
→ 入院のいきさつは、こちらです。

基本的に、入院前の予約投稿です。
入院期間は、皆さまのブログのご訪問は、お休みいたし する場合があります。
nice! のお返しもできませんのでご了承ください。
iPhone 7 Plusが使えるので、もし、コメントをいただければ、拝読させていただきます。

なお、個室でWi-Fiが使えるため、Macbookが使えるので、当日に「追伸」欄に加筆するかもしれません。
何も加筆がないときは、体調がよくないなどの事情があるとお察しください。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[追伸]
[当日 Macbook から追記]
ねこ

[携帯電話]6時40分 起きた。昨日の疲れで爆睡。

[携帯電話]7時45分 朝食
今朝は、パンだったけど、焼いてなくて、食パンを加温しただけ。
朝食
デイルームまで歩いていけば、トースターがあるけど、歩くのが大変なので断念。
メニューは、これ。
朝食

[携帯電話]8時00分 暇つぶし
やることがないので、[TV]TVつけたまま、コミックスを、読んで、暇つぶし。
昨日の深夜に、点滴終了したけど、点滴ライン確保のまま(針が刺さったまま)、胸に、ワイヤレス心電図が、ついたまま(装置をぶら下げるホルターがなく、宙ぶらりん)、導尿カテを挿れられたまま(歩き回るのに邪魔)。
これは邪魔じゃないんだけど、、、
留置されおぱなしの点滴ライン
これが歩行するのに邪魔でね・・・
ワイヤレス心電図と導尿カテ
これら、3点、早く外してほしい
売店や、院内散歩に、行けない、、、、

[携帯電話]11時00分 ナースコール
おしっこを貯めるバッグが一杯になってきたので、ナースコールして、捨ててもらった。
、、、ついでに、看護師さんに、導尿カテを抜いてもらって、使ってないまま留置してある点滴ラインも外してもらった。
ワイヤレス心電図は、15時ごろに外すそうなので、つけたまま。
導尿カテがなくなったので、布のパンツはけはるし、トイレでおしっこできる。
導尿カテは、挿れるときは痛いけど、抜くときには、寝た状態でペニスを上へ引っ張り上げて(90度の角度)引く抜くと、スーっと抜けるので、全く痛くない。
導尿カテを抜いたら、トイレへ行けることよりも、病棟内散歩や、売店に行くのが楽チン。

[携帯電話]12時10分 昼食
朝から歩いてない(部屋から出ていない)ので、お腹がすかない。
昼食
この分量でも、多すぎる。
メニューは、これ。
昼食

[携帯電話]13時50分 デイルーム(面会室、娯楽室)まで歩行
丸2日間歩いてないので、デイルームまで、100mぐらい歩いて、自販機で、温かいロイヤルミルクティーを購入。
部屋に冷蔵庫はあるけど、冷たいものは、ちょっとね。
デイルームまで歩行
少しづつ、日常を、とりもどすーー

午後、めちゃくちゃ ひま。

[携帯電話]15時40分 エレベータで売店へ
病院の売店なので、生活用品や医療品ばかり。
買い物というより、気分転換なー

[携帯電話]16時00分 息子がお見舞いにきた[ぴかぴか(新しい)]
カノジョができたらしいので、応援。
暗い話ばかりだったので、気持ちが明るくなった。

[携帯電話]17時00分 蒸しタオル
看護師さんに、シャワー禁止と言われた。
その代わり、熱い蒸しタオルを持ってきてくれたので、体を拭いて、スッキリして、全部とっかえ着替えした。
部屋にシャワールームあるので、全裸で体を拭いても大丈夫。

[携帯電話]17時50分 看護師から退院説明
あした(11日 日曜日)の 10時頃に退院許可出た。
日曜日なので、会計は、次回外来(来年 1月25日)時でいいとのこと。それまで、請求書も出ない。

[携帯電話]18時10分 夕食
おなかすいたー
夕食
メニューは、これ。
夕食
塩分制限で、味噌汁などの汁物が一切出ないので、その分、ほうじ茶をがぶ飲み。
退院したら、また、健康管理食を復活の予定。
[レストラン]外食を続けたら、早死にする。

[携帯電話]19時20分 先生の回診
明日(11日・日曜)の退院後の投薬治療についての指示あり。
ジルチアゼム(ヘルベッサー)+アイトロール(ニトロ系)を朝夕で、2か月間続けて様子をみる。
入院して痛い思いして検査しました → 陽性でした → 病名確定 → でも投薬治療しかないので今までの薬と同じ薬で良いということがわかりました、ということ。
今までは「×××の疑い」だったのが、「×××」に病名確定しただけ。
1年ぐらい前に、心カテやる? ってときに言われたのと同じ結果。
「入院して痛い思いして検査して陽性と分かっても、飲む薬は同じですよ。」
そのの通りになった。
要するに、手術等の治療では治らない → 生きている限りエンドレスで投薬で予防するしかない。ってこと

明日は、午前中に退院なー
今夜は、コミックス読んで、眠くなったら、適当に寝よう[眠い(睡眠)]

[2016.12.11 追記]
昨日のブログの心カテ検査内容を、詳細化しました
  ↓
[揺れるハート]心臓カテーテル検査入院 2日目
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-12-09
nice!(94)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

心臓カテーテル検査(アセチルコリン負荷)入院 2日目 [健康生活]

2016年12月9日(金)
※2016.12.11 心臓カテーテル検査の図を正確に書き換え
※2016.12.11 冠動脈の3本の血管の図を追加

心臓心カテ入院、 2日目です
→ 入院のいきさつは、こちらです。

基本的に、入院前の予約投稿です。
入院期間は、皆さまのブログのご訪問は、お休みいたします。
nice! のお返しもできませんのでご了承ください。
iPhone 7 Plusが使えるので、もし、コメントをいただければ、拝読させていただきます。

なお、個室でWi-Fiが使えるため、Macbookが使えるので、当日に「追伸」欄に加筆するかもしれません。
何も加筆がないときは、体調がよくないなどの事情があるとお察しください。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[当日 Macbook から追記]
ねこ
[携帯電話]3時30分 目が覚めて、二度寝できず
 4時間半寝たし、どうせ、きょうはら1日中、寝てないといけないから、昼寝すればいいや。と、居直り。
 起きてるけど、目を閉じて、布団かぶって、寝たフリしてるだけー(狸寝入り)

[携帯電話]5時15分 寝たフリ飽きて、起きた、
 個室だし、照明つけた。
 寒いので、エアコン温度 23℃ → 25℃にアップ。
 コミック本「とある科学の超電磁砲(12)」を読んで、暇つぶし。
 デイルームへ行ったら、朝日が見えた。
 いい結果が出ますように祈願。
朝日

[携帯電話]6時30分 今日の朝は、絶食です。
朝食は絶食

[携帯電話]7時30分 着替え
 導尿カテーテルを入れるので、裸の上にディスポパンツ+検査衣だけに着替え。
 携帯型の心電図装置みたいなのと、紙キャップもありますが、9時ごろ、看護師さんがセットアップに来ます。
検査衣とか紙キャップとかいろいろ
 ディスポパンツは、前が全開できる、紺色の紙パンツです。
 お尻の部分と、前の部分が別々になっていて、両サイドが、マジックテープで止めてあるだけです。
 導尿カテーテルを入れたり、外したりするとき、脱がなくていいようになっています。
ディスポパンツ
 心カテで、足の付け根(鼠径部)からカテーテルを入れる場合は、前を開けるので、これは必須だけど、腕から入れるときは、導尿カテだけなので、普通の布パンツでも可。

[携帯電話]9時16分 心カテ担当医の説明
 両手首の動脈の血管の血流確認。
 予定通り、手首(動脈)と腕(静脈)から、2本入れることになった。

[携帯電話]9時40分 点滴 & 導尿開始
 看護師さんがきて、検温=37.2℃、脈拍、血圧=120/85、点滴(生理食塩水。栄養はない)の点滴を、心カテを入れる逆手(左手)から挿れた。
検査衣に着替え
 導尿カテも入れたけれど、キシロカインゼリーぬつてあっても、男子は尿道が長いので、いっきに膀胱まで入れると、そこそこに痛い[雷]
 全身麻酔だと、意識が落ちてから導尿カテ入れるから痛くないけど、意識がある状態で入れると、漏れないように尿道径よりも導尿チューブの方が太いので、尿道全体が痛い[雷]けれど、30分ぐらいで尿道が広がるので痛みを感じなくなる。
 看護師さんが見てる前で尿道にカテ挿れられるのは恥ずかしいとか思ってはいけない。
 挿れとけば、おしっこしたい時に、ベッドから起き上がってトイレへ行かなくていいので、どんだけ楽なことか[グッド(上向き矢印)]

[携帯電話]10時45分 検査室からお呼びがかかった
 看護師さんと一緒に、点滴と導尿バッグなとをつけたまま、車椅子で、エレベータを降りてで、心カテ室へ行く。

[携帯電話]10時50分 心カテ開始。
 心カテ室は、メスを使わないけど、手術室グレードなので、手術室を想像すれば合っている。
 ひとりの心カテに、医師、看護師など、スタッフチームが、7〜8人関わってる。
 心カテ検査、1時間半かかった。
 腕の静脈と、手首の動脈(よく脈拍をみるところです)から、2本、カテを入れるので、2ヶ所に、やたら痛い麻酔注射。(歯科治療で使うのと同じ)
 カテーテルが血管にはいれば、血管は無痛で心臓に到達。
 造影剤を冠動脈に注入して、X線撮影
心臓カテーテル検査
 なお、心カテは、今回は、②腕の場合は手首の動脈と腕の静脈から挿れましたが、①脚の付け根(鼠径部)から挿れ流方がリスクが少ないそうです。
 [2016.12.10 補足]
 ②ですが、動脈は、普通に脈をとる場所から針をさしますので手首の付け根、静脈に挿す2本目は肘よりも上の二の腕のところの血管に針をさします。カテーテルは、直径2mmあるので、針は、3mmぐらいの太い針ですから、麻酔なしでは刺せないです。
 普通の心カテは、ここまでなんですが、ここまでだったら、日帰り、または、1泊2日でもできるみたい。
   ー ー ー ー
 で、ここからが辛くて苦しいメインイベント、アセチルコリン負荷テストへ移行。
 静脈から、バックアップ用のペースメーカーを挿入。
 アセチルコリン負荷テストで徐脈を通り越して心停止するのを防ぐための保険として、ペースメーカーが必要なので、静脈から入れる。
  ※2016.11.10 補足
   この追加検査のためには、静脈からペースメーカーを挿れる必要があり、鎖骨下の血管が蛇行していたり、動脈硬化で細くなっていた場合はペースメーカーが心臓まで届かないので、脚の付け根(鼠径部)から挿れるのが普通だそうだ。誰でもできるわけでない=血管がまっすぐで,、かつ、動脈硬化で細くなっていないことが条件。
 静脈からペースメーカーが入っていかないときは、脚の付け根(鼠径部)からのアプローチになるのだけれど、腕の静脈からスルスルっと入っていったので、ラッキーだった。
 ペースメーカーは血管径より大きいので、血管内をペースメーカーが通過しているのが、ツーーッとわかる。
 心臓のリズムが変わるので、ドキドキ感あり。
 この状態で、心臓の3本(左が2本、右に1本)の冠動脈に、3種類の濃度(50、100、150)の異なるアセチルコリンを入れていき、3種類 × 3本 = 9回、X線で撮影
心臓の3本の冠動脈
 アセチルコリンで血管が収縮すると、胸が締め付けられて苦しいので、そのたびに、2〜3分休憩し、また続けるので、時間がかかる。
 心カテ検査に、1時間半かかりましたが、画像から、病名が確定した。
 これで。適切な投薬治療ができる!

[携帯電話]12時45分 車椅子を押してもらって病室へ戻る。
 結局、病室を、出てから戻るまで、2時間かかった。
 病室で、ワイヤレス心電図を装着しぱなしになった。
 酸素吸入、15時まで装着。
 点滴連続、夜まて続けるそうだ。
 動脈は、圧迫止血したまま、1時間安静。
 導尿カテ、挿れぱなし。
検査終了直後

[携帯電話]13時15分 昼食
 お昼ごはんは、ナースステーションで、取り置きしておいてくれていたので、解除してまらって食べた。
昼食
メニューは、これ。
昼食

[携帯電話]15時00分 酸素吸入はずした。
 圧迫止血ベルトの、外巻きベルトを外した。
圧迫止血
 でも、内巻き圧迫止血ベルトは巻いたまま。
 病棟内を歩いて、心電図に変化があるかテスト、異常なし。

[携帯電話]16時30分 医師回診
 内巻き圧迫止血ベルト外した。
 静脈は、止血できてた。
 動脈は、血が出てきて、1時間の追加圧迫止血になった。
 手首の動脈から血が止まらない。
 ずきずき、めちゃ痛い。

[携帯電話]18時17分 夕食
夕食
 メニューは、これ。
夕食
 まあまあ、うまかった。

[携帯電話]18時40分 医師回診
 手首の動脈からの出血が止まり、痛みが引いたので、傷バンに張り替え。
 これで、動脈、静脈の両方の止血完了。
 止血に、6時間かかった。

[携帯電話]19時30分 ワイヤレス心電図、点滴、導尿カテがはいったままなので、検査衣から、パジャマに着替えができない、、、
 点滴は、あと、1本半で終わり。
 導尿カテを、抜くのは、明日の朝かな。
 病名が確定したので、日曜に退院して、それから先は、投薬治療なー

[携帯電話]21:00 ブログを予約投稿して、点滴に専念。
・・・寝落ち[眠い(睡眠)]
nice!(77)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の2件 | -

著作権について

caution.gif当ブログ記事は、日本国著作権法および国際法により権利が保護されています。無断で 画面の写真、ハードコピー、その他の二次複製物を無断で使用することは権利の 侵害になりますのでご注意下さい。
This blog post, right has been protected by copyright law and international law. Without permission screen photo of, hard copy, that you use the other secondary copies without permission is a violation of the rights Please note.
- - - - -
All rights reserved. Copyright (C) Motosoft(Toshi At Kuroneko) 2007-2016.