So-net無料ブログ作成
お知らせ

 当ブログは、ブログに割当てられたディスク容量が満杯になったため、2017年1月8日に、続ブログへ移転しました。

 【移転先】
  続・Emi Clockは、どうなったの?
  http://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/


  RSSフィード
  http://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/index.xml

容態回復のきざし(元タイトル:きょうから常食が食べられます!) [健康生活]

2015年 4月21日(火)
[かわいい]予約投稿です。
※本日昼ちょっと前に、4月20日(月)の「当日投稿」に加筆しました。
※ 2015年6月6日 一部内容改訂
※ 2015年9月6日 一部内容改訂

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[予約投稿]
入院直前から、入院直後、手術の日、手術の直後数日間は、ブログが書けません。
ですので、ソネブロの予約投稿昨日を活用して、「おそらく、この日は、こういうことをしているだろう」という、病院側から渡されたスケジュール表等を元に、「未来日記」を書いて予約投稿しています。

入院 7日目、術後 5日目です。
病院からいただいたスケジュール表では、きょうから、食事が常食です。
ちに待った、普通のごはん!
手術のときは、点滴だけで過ごすので、水すら飲めませんので、普通にご飯が食べられるのは、夢のようです。

また、スケジュール表では、きょうから、病棟だけでなく、病院内全部を、自由に移動してよくなったはずです。

もし、手術がうまくいって、腎臓が 2つとも残っていたら、また、いつか、御蔵島でイルカと一緒に泳ぎたいです。
DOS(Dolphin Ocean Swim)
※黄色いウェットスーツで水中デジカメを持って泳いでいるのは自分です
DOS(Dolphin Ocean Swim)
海で野生のイルカと一緒に泳ぐことを、DOS(Dolphin Ocean Swim)といいます。
イルカは、イルカセラピーが行われているくらいですから、癒し効果があるのです。
御蔵島は、スキューバダイビングが禁止ですから、じぇえじぇじぇの素潜りになりますが、息が長く続けば、イルカと遊ぶことができます。
1回のイルカボート乗船で、2時間、御蔵島の周囲を回って、10回ぐらい、イルカにアタックします。
御蔵島には、野生イルカが約150頭ほどいますので、いままでイルカに会えなかった日はないです。
今は、またイルカと一緒に泳げるようになる日を夢見ています。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[当日投稿]
きょうの金沢は、とてもよい[晴れ]天気ですが、きのうは、[雨]大雨でしたので、桜が散ってしまいました。
病院の隣は石川県庁ですので、八重桜が満開でしたが、散る前の写真を、2枚、アップします。
容態回復のきざし
容態回復のきざし
※撮影:家族の誰か

[鎮痛剤]
きのうから、ペンンタジンの注射から座薬(レペタン)に変更していますが、まったく痛み止めなしだと、目覚めたときに、ひどく痛いので、1回だけ、座薬(レペタン)を使いました。
まあ、ペンタジンとかレペタンとかは、モルヒネの仲間なので、麻薬ですから、特に、ペンタジンの連続注射は、医師は、いやがりますよね。

[朝食] ・・・全粥
容態回復のきざし
 ・こしひかり全粥
 ・がんもの煮付け
 ・オクラの胡麻和え
 ・みそ汁
 ・野菜ジュース
実は、もう、おかゆでなくて、普通ご飯OKでてるのですが、しばらくお粥にしてもらっています。
だいたい、7割ぐらい、食べられました。

[導尿カテーテル抜管]
手術の日(4月15日 木曜)から、ずっと尿道から膀胱に挿しぱなしだった、導尿カテーテルを、抜いてもらいました。
自分でパンツを下ろさないと抜けないので、看護師さんの視線がはずかしいです。
導尿カテが入っているとトイレへ行かなくて楽ですが、歩けるようになると、邪魔です。
本当は、3日前に早々と抜く予定でしたが、傷口の激痛で起き上がれず、延期していました。
以前の手術のときは、細い透明のカテーテルだったので、尿漏れしたりしたことがありますが、今回は、尿道径めいっぱいの太いシリコンゴムみたいなのを入れてたので、まったく漏れなかったです。

[昼食] ・・・全粥
容態回復のきざし
 ・こしひかり全粥
 ・鶏肉クリーム煮
 ・煮なます
 ・煮物
だいたい、7割ぐらい、食べられました。
ただし、ほとんど動いていないので、食欲は、全くといってよいほどありません。
無理矢理、胃に詰め込んでる感じです。

[(たぶん)最後の点滴]
まだ、1日2回、座薬の鎮痛剤を使っていますが、座って食事をとれるようになったので、点滴は、きょうで最後にしよう、ということになりました。
最近使っているのは、「ビーフリード」とかいう 500ccを 2本です。
容態回復の兆し
最後の点滴針は、右腕です。2〜3日前までは、左腕に 2本刺さってました。
容態回復の兆し
点滴がなくなれば、新館の売店や、屋上へ散歩に行けるので、楽しみです。

[シーツの取り替え]
新しいシーツに交換になりました!
やっぱ、気持ちいいです。

[夕食 2015年4月22日 10:25 追記] ・・・全粥
容態回復の兆し
 ・こしひかり全粥
 ・かぶら蒸(白身魚)あんかけ
 ・お浸し
 ・めった汁
だいたい、7〜8割食べました。

[夜、急な発熱 37.8℃ 2015年4月22日 10:27追記]
夜、お腹が痛くて歩行困難になり、強力な鎮痛剤(座薬)を使用。
発熱しているため、アイスノンで頭部を冷やして寝ました。
(それまで、順調に熱が下がってきていたのになぜ?!)

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[入院カレンダー]
2015年4月1日から、入院カレンダーをスタートしました。
入院まではカウントダウンで、入院後は経過日数カウントです。
以前、入院していたとき、「今日は何日? 何曜日? 入院して何日目?」というような、カレンダーの感覚を忘れてしまった経験から、今回は、これを作りました。
入院カレンダー
青い線が入院予定期間なんですが、最短で引いていますので、もっと伸びるかもしれません。
≪お知らせ≫
入院・手術のため、ブログ訪問をお休みしています。
※コメント欄を開けていますが、お返事はできませんのでご了承ください。
※いただいたコメントは、手術が無事終了し、ネットが使えるようになってから、まとめて、読ませていただきます。
nice!(75)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 75

コメント 11

みずき

かなり回復してきたんですね。
でも、入院中で動けないと量が食べられませんね。
点滴が外れて動けるようになったら、美味しく食べられる
ようになって、たくさん食べて体力付けてください^^
by みずき (2015-04-22 00:05) 

サンダーソニア

痛みからの脱出 良かったですね。
内臓にドレーン管が拙者くしていた?とは
ちょっと 寒気がしました。
引き続き お大事に。
by サンダーソニア (2015-04-22 00:42) 

robotic-person

着実に回復されているようですね。安心しました。
by robotic-person (2015-04-22 00:46) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

少しでも多く食べて体力回復して下さい。
でも無理は禁物・・・。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2015-04-22 07:27) 

駅員3

順調な回復、何よりです。
早く点滴が取れるといいですね。

そういえば自分もダイビング中の自分の写真は無いなぁ・・・
by 駅員3 (2015-04-22 08:03) 

しろうさぎ

順調そうで何よりです。
次は点滴が取れて病院内を歩けるように
なられますようお祈りいたしております。
くれぐれもお大事に。
by しろうさぎ (2015-04-22 13:04) 

ぴーすけ君

無理しないでくださいね。
おだいじに。
by ぴーすけ君 (2015-04-22 14:11) 

藤並 海

イルカと泳ぐ夢があるって素敵ですね
ダイビング、気持ちよさそう~
by 藤並 海 (2015-04-22 15:20) 

ヨッシーパパ

おやおや、発熱は心配ですね。
軽い物だと良いのですが。
by ヨッシーパパ (2015-04-22 18:53) 

足立sunny

38度近い発熱はしんどいですね。
まだまだ一進一退なのでしょうが、はやく平熱に戻られるといいですね。
by 足立sunny (2015-04-22 20:50) 

とし@黒猫

*****************
容態回復のきざし のブログ記事に、
たくさんのコメントをいただきまして、
ありがとうございました。

優しいお言葉、励ましのお言葉など、1つ1つ、
読ませていただいております。

病院の中ですので、あまり長時間、ネットができませんので、
個別にコメントをお返しできませんことを、
ご容赦願います、
********************
by とし@黒猫 (2015-04-23 10:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

caution.gif当ブログ記事は、日本国著作権法および国際法により権利が保護されています。無断で 画面の写真、ハードコピー、その他の二次複製物を無断で使用することは権利の 侵害になりますのでご注意下さい。
This blog post, right has been protected by copyright law and international law. Without permission screen photo of, hard copy, that you use the other secondary copies without permission is a violation of the rights Please note.
- - - - -
All rights reserved. Copyright (C) Motosoft(Toshi At Kuroneko) 2007-2017.