So-net無料ブログ作成
検索選択
お知らせ

 当ブログは、ブログに割当てられたディスク容量が満杯になったため、2017年1月8日に、続ブログへ移転しました。

 【移転先】
  続・Emi Clockは、どうなったの?
  http://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/


  RSSフィード
  http://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/index.xml
ダイビング ブログトップ
前の5件 | -

西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ [ダイビング]

2016年8月21日(日曜)

きょうの横浜は、[晴れ]晴れて、日中は29℃になり、暑かったです。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ]
8月20日(土曜)に、日帰りで、西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシを、一挙にリストアップします。

【1本目】
■キャラメルウミウシ
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■コールマンウミウシ
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■シロウミウシ(1)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■キイロウミウシ
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■センテンイロウミウシ(1)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■アラリウミウシ(1)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■シロタスキウミウシ
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■ツノキイボウミウシ(ペア)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■アラリウミウシ(2)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■キイロイボウミウシ
省略。

■アラリウミウシ(3)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■ジュッテンイロウミウシ
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■コトヒメウミウシ(1)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ
MEMO: 7mmぐらいのサイズ

■アラリウミウシ(4)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■ニシキウミウシ(1)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ
【2本目】
■センテンイロウミウシ(2)
省略。

■コイボウミウシ
省略。

■アオウミウシ(yg)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ
MEMO: 5mmぐらいのサイズ。

■ヒロウミウシ
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ
MEMO: 7mmぐらいのサイズ

■ニシキウミウシ(2)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■ニシキウミウシ(3)
省略。

■イガグリウミウシ(1)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■センテンイロウミウシ(3)
省略。

■センテンイロウミウシ(4)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■センテンイロウミウシ(5)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■シロウミウシ(2)
省略。

■センテンイロウミウシ(6)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■センテンイロウミウシ(7)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

【3本目】
■コトヒメウミウシ(3)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ
MEMO: 7mmぐらいのサイズ

■リュウモンイロウミウシ(1)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■センテンイロウミウシ(8)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■ニシキウミウシ(4)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■ムラサキウミコチョウ(1)
省略。

■ムラサキウミコチョウ(2)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■コトヒメウミウシ(ペア)
省略。

■リュウモンイロウミウシ(2)
省略。

■ニシキウミウシ(5)
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■サラサウミウシ
西伊豆 雲見 3ボートダイビング で見た ウミウシ

■イガグリウミウシ(2)
省略。

写真が多いので、ウミウシの説明は省略します。

※ オリンパス TG-4 + 水中プロテクター + リングデフューザー + フォーカスLEDライト
※ 全て、顕微鏡モード。コトヒメと アオygと ヒロは、スーパーマクロ。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[追伸]
9連休の夏季休暇が終わり、あしたから、また、日常に戻ります。
休止中の ポケモン GOも、再開しようかと思っています。

nice!(115)  コメント(21) 

日常、時々、雲見でダイビング [ダイビング]

2016年8月20日(土曜)

きょうの西伊豆・雲見は、[晴れ]晴れて、日中は32℃になり、とても暑かったです。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[雲見でダイビング]
今朝は、4:30起きで、東海道線[電車]に乗って熱海まで行き、熱海から伊豆急[電車]で蓮台寺(下田の 1駅手前)まで行き、ダイビングショップの車[車(RV)]にピックアップしてもらって、西伊豆・雲見で、 3ボートダイビングでした。
横浜から、雲見へ日帰りで 3ボートダイビングは、ハードスケジュール(通常は 1泊2日)ですので、疲労困憊につき、きょうは、海の光景などの写真を並べておしまいです。
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
朝、伊豆急の車窓から、東伊豆の海を見ると、先週通過した[台風]台風の影響で、東風が吹いており、うねりで、海岸はザブザブ状態で、とても海へ入れる状態ではありませんでした。
晴れ、時々、雲見でダイビング
東伊豆のダイビングポイントはほとんどクローズになったようです。
このうねりでは、エントリー/エギジットがムリです。
晴れ、時々、雲見でダイビング
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
一方、西伊豆・雲見は、穏やかな海でした。
晴れ、時々、雲見でダイビング
 ↑ 中央の 2つの大きな岩(牛着岩=ウスズキ岩)が並ぶ場所が、ダイビングポイントです。

ここが港になっていて、ダイビングサービスの前から、器材をしょって、ボートに乗ります。
海は、さすがに西伊豆だけあって、透明度が高く、きれいです。
晴れ、時々、雲見でダイビング

牛着岩へボートで接近すると、こんな感じです。
晴れ、時々、雲見でダイビング
ボートには、昇降リフトが付いているので、バックロールエントリーだの、ジャイアントストラドエントリーだのは不要ですので、楽ちんです。
ボートから水中へおりて、即、潜行すればOKです。

きょうは、東伊豆のポイントがクローズだったせいか、ダイバーがいっぱいつめかけていました。
晴れ、時々、雲見でダイビング

ここは、クレバスやトンネル、アーチなどがあり、地形を楽しむポイントですが、そんなことには関係なく、いつも通り、ひたすらウミウシを探して撮影です。
ウミウシの写真は、後日アップします。

3ボートダイビングのあと、器材を洗って、雲見を撤収です。
晴れ、時々、雲見でダイビング
東伊豆は、大荒れなのに、西伊豆は、伊豆半島が防波堤になって、静かでした。

帰りは、伊豆急下田から[電車]伊豆急で伊東まで行き、伊東から[電車]伊東線で熱海まで行き、熱海から[電車]東海道線のグリーン車(2階建て車両の 2階席)で横浜へ帰りました。
晴れ、時々、雲見でダイビング

自宅 → 雲見は、片道 4時間かかりますので、往復の移動で 8時間かかります。
晴れ、時々、雲見でダイビング
遠いです。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[追伸]
疲労困ぱい
nice! やコメントのお返し、ブログ訪問などは、あした(8月21日 日曜)になります。

nice!(93)  コメント(12) 

伊豆大島 1泊2日 6ビーチダイビングのウミウシとか生物 [ダイビング]

2016年7月25日(月曜)

きょうの横浜は、うす曇りで、蒸し暑かったです。
なかなか、梅雨が明けない関東地方です。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[伊豆大島のウミウシとか生物]
7月23日(土曜)~24日(日曜)、1泊2日で、伊豆大島で 6ビーチダイビング(ナイトダイビングを含む)しました。
  ↓ きのうのブログに旅全体の流れを書いています
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-07-24

《7月23日 土曜日 のビーチダイビング》
1本目: 野田浜 最大水深 12.5m 38分
2本目: 野田浜 最大水深 12.8m 41分
3本目: ケイカイ 最大水深 14.7m 46分
4本目: 野田浜 最大水深 12.4m 45分 ナイト

《7月24日 日曜日 のビーチダイビング》
5本目: 王の浜 最大水深 11.8m 44分
6本目: 王の浜 最大水深 9.7m 51分

全体的に、まったり感ムードで、お魚を眺めるダイビングでした。
ですが、お魚は、きのうのブログにアップした、イサキの群れぐらいしか撮りませんでした。
ダイビングを始めてから、潜水回数 500本を超えたあたりから、普通にいる魚には、興味がなくなってしまっています。

海の感じは、こんな感じで、青いです。
伊豆大島 1泊2日 6ビーチダイビングのウミウシとか生物
では、ウミウシとか、クマノミとか、撮ったものを並べます。

■ キャラメルウミウシ①
この時期に伊豆に多く見られるウミウシです。
伊豆大島 1泊2日 6ビーチダイビングのウミウシとか生物

■ クマノミ①
赤いイソギンチャクに付いているのは色映えがするので、たまには、クマノミも撮ってみました。
P7230030.JPG
伊豆に、普通に、たくさんいますので、いつもは無視ですが・・・

■ オショロミノウミウシ
P7230043.JPG
見分け方の特徴は、ミノの先端部分の黄色と形です。

■ クマノミ②
またしても、クマノミです。
P7230049.JPG

■ サメジマオトメウミウシ
これは、ちょっと、珍しいかもしれません。
P7230079.JPG

■ キャラメルウミウシ②, ③
キャラメルウミウシのペアがいました。
P7230090.JPG
ウミウシの交接は、2匹が、横からくっ付きます。
P7230094.JPG

■ ミアミラウミウシ
4cmぐらいありますので、ウミウシの中では、大きいほうです。
P7230103.JPG

■ ハリセンボン
ナイトダイビングでは、真っ暗な海の中を泳ぎますので、魚の群れなどは見えませんが、ときどき、面白い生物に出会います。
P7230109.JPG

他にも、トビエイや、アオウミガメ、ネコザメなど、たくさんの生物を見ましたが、ウミウシとクマノミ中心のチョイスでした。

伊豆大島は、だいたい、伊豆海洋公園のお隣の島ですので、熱海から、船だと、すぐ近くです。
でも、島ですので、潮あたりがよく、海がきれいです。
伊豆大島 1泊2日 6ビーチダイビングのウミウシとか生物
熱海、初島、伊東、伊豆海洋公園あたりは、こんなには、透明度がないので、たまに行くには、きれいで、よいです。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[追伸]
土日は、伊豆大島でダイビングだったため、ポケモン GOは、少ししか遊んでいません。
TVのニュースを見たら、案の定、おバカさんたちが事故を起こしています。
よそさまよりも早く先へ進めようとして、ムチャなことをして事故やトラブルは、バカげています。
通勤時間帯のプレイは避けて、ゆっくり、マイペースで進めています。
よそさまは、よそさま。
自分は、自分です。
伊豆大島には、レアなポケモンがいましたので、そういう収穫もありました。
ポケモン GOのネタは、もうちょっと進めてから、書きます。
nice!(105)  コメント(13) 

伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ビーチナイト、2ビーチ 計6本 [ダイビング]

2016年7月24日(日曜)

きょうの伊豆大島は、[晴れ]晴れて、日中は30℃近くになり、真夏のように暑かったです。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[伊豆大島へダイビングに GO]
7月24日(土曜) 7:00 東京港・竹芝桟橋に 10人集合!
7:20 ジェット船『セブンアイランド』で、伊豆大島へ向けて出港。
レインボーブリッジの下をくぐって、東京湾へ出ます。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
セブンアイランドは、ジェットエンジンで海水を噴射し、水中翼で、水面に浮上して、高速に航行する高速船です。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
竹芝桟橋から、わずか、1時間45分で、伊豆大島・元町港に到着です。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
野田浜の『バディ・ベル』です。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
駐車場が、崖の上にあり、そこに、バディ・ベルがあります。
そこで、器材を背負って、崖を降りて、ビーチからエントリーします。
エキジットは、この逆で、器材を背負って、崖を登ります。
崖を降りて、昇っての移動が、わりと苦行です。

海の中の写真は、まだ整理していません。
野田浜の左側に、アーチがあって、トンネルになっているのですが、そこをくぐろうとしたら、イサキの大群が、アーチの向こうから押し寄せてきました。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
伊豆大島のダイビングは、マクロでよりも、ワイドが中心になります。

ここは、3本目に潜った。ケイカイというポイントです。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
ここも、崖の上の駐車場で器材を背負って、崖を降りて、ビーチからエントリーですが、岩の間の隙間が狭いので、エントリーとエギジットは、大変です。

今年初めてのウェットスーツで潜りましたが、水温が23~24℃あったのですが、ドライスーツに慣れているので、少し寒かったです。
ダイビングサービスには、ウェットスーツのままで入れる温泉があり、潜ったあとに入ると、温まります。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本

夕食は、大島名産・椿油を使った、串天です。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
1つの鍋に、約5,000円相当の椿油が使われており、贅沢な串天です。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ビーチナイト、2ビーチ 計6本
椿油だと、あっさりと揚がり、油こく感じません。
夕食は、串天と、↓ こちらになります。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
ごちそうさまでした。

夕食を食べ終わって、19:00に、野田浜で、ナイトダイビングをしました。
水中ライトの灯りだけで、真っ暗な海の中を泳ぐのは、お化け屋敷みたいで、楽しいです。

《7月23日 土曜日 のビーチダイビング》
1本目: 野田浜 最大水深 12.5m 38分
2本目: 野田浜 最大水深 12.8m 41分
3本目: ケイカイ 最大水深 14.7m 46分
4本目: 野田浜 最大水深 12.4m 45分 ナイトダイビング

宿で、1泊。夜、男子部屋で宴会[ビール]

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[伊豆大島から東京へリターン]
きょう(7月24日 日曜)の朝食は、↓ これです。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
朝食のあと、王が浜でダイビングでした。
王が浜も、崖の上に駐車場があり、器材を背負って、崖をビーチまで降りてエントリーするパターンです。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
水の中を泳ぐのはスイスイと楽しいですが、崖の昇降は苦行です。

《7月24日 日曜日 のビーチダイビング》
5本目: 王の浜 最大水深 11.8m 44分
6本目: 王の浜 最大水深 9.7m 51分

お昼は、宿で、大島カレーでした。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
お替わり自由だったので、2皿、完食しました。
今年、初スイカです。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
元町港のターミナル近くで、お土産を買い物した後、缶ビールで乾杯。
伊豆大島 1泊2日 3ビーチ+1ナイト、2ビーチ 計6本
16:50 伊豆大島・元町港を出港し、ジェット船セブンアイランドで、竹芝桟橋まで、1時間45分。

帰宅したのは、19:40でした。
土日で、崖下昇降でのビーチダイビングを 6本(うち、1本はナイトダイビング)潜ったので、つかれました。

伊豆大島へ行っていたため、土曜の朝から、ブログ訪問ができていません。
nice! や、コメントをいただいた方々に、お礼申し上げます。
ありがとうございました。
月曜から、また、ブログ訪問を再開しようとおもいます。
nice!(109)  コメント(14) 

TG-4ウミウシカメラ 大瀬崎のウミウシ 《その3》 [ダイビング]

2016年7月18日(月曜・祝日)

きょうの横浜は、[晴れ]晴れて、サウナのように蒸し暑かったです。
汗だく[あせあせ(飛び散る汗)]

金・土・日の 3日連続のイングレスで、歩き疲れましたので、きょうは、エアコンをつけて、引きこもりでした。

・・・前回、前々回の続き で、
ウミウシ写真 その3 です。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[大瀬崎のウミウシ]
7月10日(日曜)に、新幹線[新幹線]大瀬崎へダイビングに行き、ウミウシ ONLY で撮影してきました。

この日は、4本、潜りました。
外海は、台風 1号のうねりで、波がザブザブと打ち寄せて、初心者の方には、エントリー/エギジットが困難な状況でしたが、朝イチは、潮が引いていたので、大きな波の合間を縫って、 1本だけ、外海へ潜ることができました。
1本目: 外海 門下 最大水深 29.0m 48分
2本目: 湾内 先端 最大水深 24.5m 42分
3本目: 湾内 左側 最大水深 24.2m 45分
4本目: 湾内 先端 最大水深 22.6m 28分
4本とも、20mを超えており深いです。

海の中は、台風のうねりで、洗濯機が回ってかき混ぜ状態ですので、昼間でも、日没後の夕方というか、夜のような暗さで、5m先が、かすかに見える程度に、濁っています。
夕方、日没後に撮影するようなものなので、照明が重要です。
700ルーメンのLEDライト×2灯と、2,700ルーメンのLEDライト(デフューザー付)、リングフラッシュ(リングデフューザー)の発光量を +0.7補正しています。

■プレウロブランクスマミラートゥス(約200mm 湾内・先端)
この日は、3本潜って終了の予定でしたが、別のショップさんのチームが、先端で、巨大ウミウシを見た! というので、急遽、15分後に、4本目を潜り、確認に行きました。
プレウロブランクスマミラートゥス
いつも撮っているウミウシが、1cm ~ 4cmぐらいの間のサイズですのでマクロ撮影になっているのですが、このウミウシは、約20cmぐらいの巨大ウミウシですので、かわいい色のウミウシの 約300倍ぐらいの大きさになります。
2個体、ペアで、砂地を這っていましたが、かなり速く移動します。
水深が約 22mの深さですので、日没後の暗さでしたから、強力なLEDライトの光だけが光源になります。
プレウロブランクスマミラートゥス
ストロボは、使えません。
砂地ですと、うねりで砂が舞って、砂嵐状態ですので、離れた距離では、ストロボ光がハレーションをおこします。
同じ理由でオートフォーカスもダメです。
和名は、イッサイフシエラガイです。
ウミウシは、全て、貝の仲間(貝殻は無い)ですので、そのような名前をつけたと思いますが、風の谷のナウシカに出てくる『王蟲』のようです。
背中に、紫の亀甲模様があるのが特徴ですが、この紫の模様 1つで、通常のウミウシ 1匹分の大きさです。
プレウロブランクスマミラートゥス
ウミウシの中でも、大きい(35mmぐらい)ハナオトメウミウシ(2匹のペア)が近くの岩に乗っていますが、大きさを比べてみると、いかに巨大なウミウシか分かります。
プレウロブランクスマミラートゥス
大瀬崎に、毎日のように潜っている現地ショップのガイドさんでも、5年に1回ぐらいしか、見れないレアモノとのことです。

・・・大瀬崎のウミウシは、これで終了です。

[TG-4 ウミウシ撮影用カメラへの道 関連ブログ]
オリンパス 防水デジタルカメラ TG-4 に買換え
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-05-24
オリンパス TG-4用 防水プロテクターPT-056 購入
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-05-26
オリンパス TG-4 ファームウェア 2.0に更新
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-06-03
ウミウシ マクロ 撮影用 TG-4 プロトタイプ
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-06-07
TG-4 大瀬崎のウミウシ 2016.6.5 《その1》
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-06-08
TG-4 大瀬崎のウミウシ 2016.6.5 《その2》
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-06-09
TG-4 + 水中リングストロボで 防水耐圧接写マクロ用カメラ
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-06-18
TG-4ウミウシカメラ 6月19日 大瀬崎のウミウシ 《その1》
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-06-24
TG-4ウミウシカメラ 6月19日 大瀬崎のウミウシ 《その2》
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-06-25
水中LEDライト LF2700-W 追加 TG-4 ウミウシカメラ改
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-07-09
TG-4ウミウシカメラ 7月10日 大瀬崎のウミウシ 《その1》
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-07-12
TG-4ウミウシカメラ 7月10日 大瀬崎のウミウシ 《その2》
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-07-14
TG-4ウミウシカメラ 7月10日 大瀬崎のウミウシ 《その3》
http://emiclock.blog.so-net.ne.jp/2016-07-18

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[追伸]
お昼に近所の公園へ行ったら、黒ねこさんがいました。
黒ねこさん
誰かが、毎日、食事をあげているようです。
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
お昼は、暑くても食欲がありましたので、近所のファミレス(バーミヤン)で、冷やし担々麺を食べました。
冷やし担々麺
塩分が、6.5gありますので、2食分ですが、朝は、塩分抜きの食事でしたので、チャラです。

あしたから、また、仕事です。
しかし、頭の中は、すでに、夏休みモードになっています。
nice!(116)  コメント(10) 
前の5件 | - ダイビング ブログトップ
caution.gif当ブログ記事は、日本国著作権法および国際法により権利が保護されています。無断で 画面の写真、ハードコピー、その他の二次複製物を無断で使用することは権利の 侵害になりますのでご注意下さい。
This blog post, right has been protected by copyright law and international law. Without permission screen photo of, hard copy, that you use the other secondary copies without permission is a violation of the rights Please note.
- - - - -
All rights reserved. Copyright (C) Motosoft(Toshi At Kuroneko) 2007-2017.