So-net無料ブログ作成
お知らせ

 当ブログは、ブログに割当てられたディスク容量が満杯になったため、2017年1月8日に、続ブログへ移転しました。

 【移転先】
  続・Emi Clockは、どうなったの?
  https://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/


  RSSフィード
  https://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/index.xml

6月1日 沖縄 粟国島 ギンガメアジのトルネード [ダイビング]

きょうの横浜は、朝から晴れて[晴れ]夏日でした。

きょうは、火曜日にアップする予定だった、沖縄の粟国島で、5月~6月にかけて見られるギンガメアジの群れの写真です。

今回の沖縄ダイビングは、マンタでも、サンゴの産卵でも、アケボノハゼでもなく、粟国島で ギンガメアジのトルネードを見ることが目的でした。

粟国島は、那覇港から高速ボートで、約1時間30分の位置にあり、いわゆる遠征ダイビングになります。
ダイビングスタイルは、アンカーを使わないドリフトダイビングになり、流れがあり、水深 -20mを超える中でのダイビングになります。

ギンガメアジの群れ = ギンガメ玉、と言います。
2,000匹以上だと、「大玉」。
1,000匹ぐらいだと、「中玉」。
500匹ぐらいだと、「小玉」。
それ以下は、「群れ」、です。

YouTubeにアップした中玉の動画に、ダイバーが左下に写っていたので、キャプチャしてみました。(動画の画面キャプチャなので、色がおかしいですが・・・)
群れが巨大なので、画像では、ダイバーが米粒の大きさです。
ギンガメアジとダイバーの大きさの対比

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

前置きは、終了して、ここからが、本番です。
小玉でも巨大な大きさなので、普通の水中用のカメラのレンズの画角では、入りきりません。
ですので、水中の屈折率での画角=110度の、水中用ワイドコンバージョンレンズを使って撮影しています。

まずは、中玉を見つけたら、トルネード(竜巻のように渦を巻く現象)が出来初めました。
画面の右側から集まってきたギンガメアジが、巨大な竜巻状の渦を作っていきます。
これは、ラッキー!
粟国島 ギンガメアジのトルネード

トルネードが、どんどん巨大になっていきます。
ぐるぐる回り始めて、トルネードを作っています。
粟国島 ギンガメアジのトルネード

中玉とはいっても、ギンガメアジが 約1,000匹です。
野球の内野ぐらいの面積があります。
あるいは、幼稚園の園庭ぐらいの面積があります。
もうすぐ、トルネードが完成します!
粟国島 ギンガメアジのトルネード

ギンガメアジのトルネード完成!
粟国島 ギンガメアジのトルネード
中心には、台風の目のような、ギンガメアジがいない空間があります。

セミフィッシュアイの画角でギリギリいっぱいです。
こんなサイズの群れは、水族館の水槽には、ぜったいに入りません!
美ら海水族館の大水槽よりも大きいです。

こんどは、小玉のトルネードです。
粟国島 ギンガメアジのトルネード

ギンガメアジの群れは、ぜんぶが、いつもトルネードしているわけではありません。
タイミングが悪いと、ただの群れです。
トルネードを見るには、運も重要です。

ためしに、ワイドコンバージョンレンズを外して撮影してみると、小玉でさえも、画面からはみ出てしまいます。
遠くへ離れれば全体が画面に入りますが、水の透明度が空気とは違って、大きな影響を受けるので、ワイドコンバージョンレンズは必需品です。
粟国島 ギンガメアジのトルネード

最後に、YouTubeにアップした、群れが中玉トルネードになるまでの過程を撮った動画を貼らせていただきます。


ようやく、今回のダイビングの目的だったギンガメアジのトルネードのブログを書くことができて、ほっとしています。

もう1回ぐらい、沖縄の海ネタをひっぱります。

---------
[追伸]
足首のケガが、1週間を経過して、まだ治りません。
せっせと、抗生剤を服用して細菌を殺しながら、傷口を消毒して、肉が再生する軟膏を塗って、ガーゼで留めています。
同じ抗生剤は継続して使えないので、今は、2種類目です。月曜に、3種類目になると思います。
皮膚が剥がれただけでなく、肉もエグれたので、治りが遅いです。
鎮痛剤も必需品です。
nice!(110)  コメント(36) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 110

コメント 36

アニ

物凄い迫力ですね!これが眼前で繰り広げられているって凄いですね~
by アニ (2013-06-09 00:03) 

とし@黒猫

> アニ さん
今回は、中玉までしか出会えませんでしたが、海外(パラオなど)では、1万匹(この群れの 10倍)の大玉が出ます。
いつもは、マクロばかり撮影していますが、この時期の沖縄は、マンタも含めて、ワイドが面白かったです。
by とし@黒猫 (2013-06-09 00:15) 

みずき

人がすごい小っちゃく見えます。大迫力です!
なんでかスイミーを思い出しました^^;
by みずき (2013-06-09 00:26) 

とし@黒猫

> みずき さん
水族館でイワシの大群を見せるところがありますが、小魚が群れているのとはスケールが違います。
動画のほうですと、群れの動きが分かって、面白いと思います。
by とし@黒猫 (2013-06-09 00:43) 

しろうさぎ

ギンガメアジのトルネード、すごいですね。
動画の方も見させていただきました。
海の中でアジがこんな渦を巻いて泳いで
いたりするとは。
実際に見ると感動するでしょうね^^。
足首にお怪我をされたんですか。
早く治ってしまいますように。


by しろうさぎ (2013-06-09 01:19) 

いっぷく

私の前にトルネードが現れたら
生命の恐怖を感じるでしょうね
by いっぷく (2013-06-09 01:31) 

ryuyokaonhachioj

魚の渦巻き状に凄いですね。実際を見たら
ほんとに、感動するね~~。
by ryuyokaonhachioj (2013-06-09 05:57) 

獏

ギンガメアジのトルネード 凄いです(@@;)))
こんなものを実際に見たら水の中で叫んでしまいそうです☆
足の怪我 大変ですね・・・お大事に。。。

by 獏 (2013-06-09 06:47) 

まめ

これは圧巻ですね!
目の前でみたら・・・すごいと思います
by まめ (2013-06-09 06:59) 

oko

ぐるぐる巻いてゆくのがわかりますね〜
トルネードは、産卵のためとかに起こる
現象なのでしょうか?
しかし、その規模が凄いですっっ
運が良く無いと見られないなんて
素敵な画像をありがとうございました。
※足の怪我、早く治ると良いですね・・・
by oko (2013-06-09 07:03) 

hirochiki

ギンガメアジのトルネードを間近で見たら、凄い迫力でしょうね。
足首の怪我がなかなか良くなられないとのこと
3種類目の抗生剤が効いて一日も早く良くなられますように。
くれぐれもお大事になさって下さい。
by hirochiki (2013-06-09 07:04) 

kazu-kun2626

いや~大迫力
凄いですね~
足首、早く治るといいですね~
by kazu-kun2626 (2013-06-09 07:06) 

七不思議

おはよう御座います。
トルネード…!!
凄まじい迫力ですねぇ。
足首、早く治るよう願いますヾ(-ω-`o)
お大事に…。
by 七不思議 (2013-06-09 07:22) 

さる1号

うおぉぉぉぉ!!
この迫力、生だと凄いでしょうねぇ
見てみたいです

by さる1号 (2013-06-09 07:57) 

旅爺さん

海に潜れるとこの様な素晴らしいものを見る事が出来るんですね。 足はお大事にね。
by 旅爺さん (2013-06-09 08:57) 

なんだかなぁ〜。横 濱男です。

群れがトルネードになって向かってこられると、
大型魚も、ビビリますね。
迫力のあるビデオが良く撮れましたね。
by なんだかなぁ〜。横 濱男です。 (2013-06-09 09:12) 

とし@黒猫

> しろうさぎ さん
> いっぷく さん
> ryuyokaonhachioj さん
> 獏 さん
> まめ さん
コメントありがとうございます。
珍しい魚を見るだけなら水族館でも見られるのですが、こういった、巨大な魚の群れは、大自然の海でしか見られません。(イワシなどの群れを見せる水族館はありますが)
魚には、単独行動をするもの、コロニーを形成して住むもの、大群を作って移動するものなど、さまざまです。
海外(パラオなど)では、この10倍のスケールの大玉が出ますが、日本では、沖縄・粟国島が有名ですし、お手軽に見る事ができます。
なお、防衛行動ですので、ダイバーに向かってくることはありません。

by とし@黒猫 (2013-06-09 09:26) 

とし@黒猫

> oko さん
粟国島へ行けば、いつでも、だれでも見られるものではないです。
群れは絶えず移動していますから、ピンポイントで探しあてるのは不可能です。
体育会系水泳部になって、ひたすら泳ぎ回って、居そうな場所を探索します。
運良く群れがいても、トルネードしない群れもいますので、運がよくないと、せっかくいっても、がっかりなこともあるようです。
by とし@黒猫 (2013-06-09 09:30) 

駅員3

これはすばらしいものをご覧になられましたね。
うらやましいです(^^)
by 駅員3 (2013-06-09 09:37) 

たじまーる

トルネードスゴいですねえ(*^^*)
足はいずれ治ると言うことで
レスみましたよ。
by たじまーる (2013-06-09 09:39) 

とし@黒猫

> hirochiki さん
> kazu-kun2626 さん
> 七不思議 さん
> さる1号 さん
> 旅爺さん さん
> なんだかなぁ〜。横 濱男です。 さん
コメントありがとうございました。
いつもは、マクロレンズで細かい生物ばかり撮っていますが、この時期の沖縄は、透明度が回復して、大物を見るにはいい時期でしたので行ってきました。
せっかくなので、水族館の水槽には絶対に入らないビッグスケールのショーを見ることを目的にしていましたので、見られてよかったです。
那覇から船で往復 3時間かかて移動し、海の中を 3時間近くひたすら泳いだのですが、見応えがありました。
足のケガは、外傷ですので、必ず治りますので、のんびり治します。
by とし@黒猫 (2013-06-09 09:39) 

ぴぃ

ダイナミックなお写真で驚きました。
お怪我、お大事になさってください。
by ぴぃ (2013-06-09 10:37) 

とし@黒猫

> ぴぃ さん
ご訪問、コメントありがとうございました。
自然のものなので、当たり、はずれがあり、今回は、中ぐらいの当たりでした。
ギンガメアジの群れが、グルグルと竜巻のように渦を巻いて、水平方向の広がりから、垂直方向へ伸びてくる様は、その場にいると、さらに視野角が広いので、見応えがあります。
by とし@黒猫 (2013-06-09 15:48) 

侘び助

足の傷・早く良くなるといいですね。
何処が悪くても不便です。どうぞお大事にして下さい。
by 侘び助 (2013-06-09 17:21) 

とし@黒猫

> 侘び助 さん
コメントありがとうございました。
靴が履けないのが不便ですが、歩けるだけ、ありがたいと思っています。
by とし@黒猫 (2013-06-09 18:38) 

keroyon

足の具合はいかがでしょうか・・。
暑くなってきていますので、化膿しやすいかと思います。
やるべきことはなさっているかと思いますが、くれぐれも
お大事になさってくださいね。

トルネード、すごい迫力です!
このようなものが間近で見られるって、ダイビングは
本当すごいですね。
by keroyon (2013-06-09 18:56) 

green_blue_sky

海の中は素晴らしい。動画は難しいですか(^_^;)
うちの新品のCD-Rすべてスプレ付け。書き込みはできないでしょうね・・・
足首・・・お大事にしてください。
by green_blue_sky (2013-06-09 19:33) 

とし@黒猫

> keroyon さん
足の傷が、抗生剤の服用で、化膿はなくなりました。傷が深いので、なかなか皮膚が出来ずに、ぐちゅぐちゅしています。
単なるギンガメアジの大群のことが多いのですが、ガイドのダイバーさんが泡などで威嚇すると、群れの防御のために、ぐるぐる渦巻きを作るのだと理解しています。
by とし@黒猫 (2013-06-09 19:46) 

とし@黒猫

> green_blue_sky さん
今回の沖縄は、大物狙いで、大当たりでした。
釣りと同じで、まったく不漁で、坊主のこともあります。
運が良かったです。
by とし@黒猫 (2013-06-09 19:50) 

ため息の午後

魚の群れ、巨大なトルネードがさらに大きくなり
まるで別の生き物のような迫力を感じます(笑)。
by ため息の午後 (2013-06-09 20:04) 

とし@黒猫

> ため息の午後 さん
おそらく、巨大なクジラのような生物のように見せかけて、捕食者を威嚇し、身を守る防御行動と理解しています。
実際に海の中で見ると、大迫力です。
by とし@黒猫 (2013-06-09 20:46) 

egg

水族館の世界です。
それにしてもすごいトルネードですね!

お大事になさってくださいませ!!
by egg (2013-06-09 22:09) 

U3

お大事に!
by U3 (2013-06-09 22:29) 

とし@黒猫

> egg さん
コメントありがとうございました。
いつもは、小さな海の生物を撮っていますが、今回は、群れをテーマに撮ってみました。
by とし@黒猫 (2013-06-09 22:43) 

とし@黒猫

> U3 さん
ご訪問、コメントありがとうございました。
by とし@黒猫 (2013-06-09 22:46) 

Alshark

こりゃ凄い!!

これを生で見れば・・・卒倒するかもしれませんね。。。
by Alshark (2013-06-10 19:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

caution.gif当ブログ記事は、日本国著作権法および国際法により権利が保護されています。無断で 画面の写真、ハードコピー、その他の二次複製物を無断で使用することは権利の 侵害になりますのでご注意下さい。
This blog post, right has been protected by copyright law and international law. Without permission screen photo of, hard copy, that you use the other secondary copies without permission is a violation of the rights Please note.
- - - - -
All rights reserved. Copyright (C) Motosoft(Toshi At Kuroneko) 2007-2018.