So-net無料ブログ作成
お知らせ

 当ブログは、ブログに割当てられたディスク容量が満杯になったため、2017年1月8日に、続ブログへ移転しました。

 【移転先】
  続・Emi Clockは、どうなったの?
  https://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/


  RSSフィード
  https://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/index.xml

Microsot Bot Framework 3.0で LUISが使えず 自作のIRC会話bot移植 [チャットbot]

2016年9月11日(日曜)

きょうの横浜は、朝のうち[小雨]小雨でしたが、午後からは[曇り]曇りでした。

きょうは、10時間ぐらい、MS Bot Frameworkを調べていました。
土日連続で、2日間、いわゆる、ひきこもりです。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[MS Bot Framework 3.0で もっとbotぽいbot試作]
bot開発ネタは、今回が 4回目です。
Windows 10で、MS Vusial Studio Community 2015(無償)と、MS Bot Framework 3.0を使い、C#でコードを書いています。

普通のチャットbotは、簡単につくれるようになったので、もうちょっと、「かしこい」botを作ろうとしていたのですが、いまどき、スクラッチ開発はバカげていますので、Microsoft Cognitive Servicesを使うことにしました。
いまは、Azure上で動かせるプレビュー版が無料で使えます。
  ↓
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/

たくさん、サービスがあるのですが、LUIS(Language Understanding Intelligent Service)は、自然な日本語を理解して、何かの処理をさせたりするのに使えます。
LINEでチャットする感覚で、いろんな処理をさせることができます。
そのLUISですが、いままで、日本語のサポートがなかったため、英語で例文を入力せねばならず、試すには面倒でした。
しかし、8月に、日本語をデフォルトカルチャーに設定するようにできるようになりました。 なったかのように見えました。
Microsot Bot Framework 3.0で LUISが使えず 自作AIぽいbot移植
ところが、Azure上のLUISプレビュー版にマイクロソフトアカウントでサインインして、日本語カルチャーのLUIS Applicationを設定しようとすると、プレ・ビルトのエンティティがないのです。
これでは、日本語対応とは、とても言えません。
Microsot Bot Framework 3.0で LUISが使えず 自作AIぽいbot移植
LUISでは、インテントとエンティティ(複数可)を使うのですが、エンティティが正しく設定できないと、例文を入力しても、エンティティとして認識してくれません。
これが英語カルチャーだと、「17 years old」を、ageエンティティと認識してくれます。

それで、仕方なく、英語カルチャーで、LUIS Applicationを追加登録して、Visual Studio 2015のBot Framework Builderで、IDialogの代わりに ILuisDailogを使い、アプリケーションIDと、サブスクリプションキーは、LuisModelアノテーションで記述して、うんぬんかんぬん・・・・
でも、動かないんですよ、これが。
原因を1時間ぐらい調べて、ギブアップして、近所のラーメン屋へ行きました。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
久しぶりの とんこつ醤油スープの、キャベツラーメン(800円)、うまかった!
キャベツラーメン
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

昼下がりに、15年ぐらい前に IRC (Internet Relay Chat)に接続するコネクターと一緒に開発した会話bot(C#で記述)を、MS Bot Frameworkに移植しました。
IRCの仕様は、RFC 1459などで定義されており、TCPをトランスポートに使う、簡単なプロトコルです。

IRCは今でも使っていますが、きょうは、IRCの話ではなく、IRC用の会話botを、MS Bot Frameworkに移植した話です。
コードがC#なので、移植に要した時間は、約 3時間です。
プログラムコードの行数(ステップ数)も多いですが、固有名詞辞書、例文(1,500以上)が、登録されており、こちらのほうが資産価値が高いです。

最初に言っておきますが、きのう(9月10日 土曜)のブログ記事に書いたような、「何かをしてくれるbot」ではなく、「話し相手になってくれるbot」です。
Microsot Bot Framework 3.0で LUISが使えず 自作AIぽいbot移植

でも、まだ、ぎこちないのは、なぜだろう・・・

[MS Bot Framework 関連ブログ]
Microsot Bot Framework 3.0で 簡単にbotが作れる!
Microsot Bot Framework 3.0 と MeCabで なんちゃってbotを作る
Microsot Bot Framework 3.0で もっとbotぽいbot試作
Microsot Bot Framework 3.0で LUISが使えず 自作のIRC会話bot移植

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[追伸]
ポケモン GOは、苦行に飽きてしまい、起動すらしませんでした。
ルアーがセットされているポケストも減りました。
そろそろ、課金が減るので、金銀のポケモンを投入かな?!

きょうは、こういう内容の記事ですので、コメント欄を閉じさせていただいております。
nice! のお返しは、ポチっとしますが、あまりコメントを残せないかも。

nice!(111) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 111

Facebook コメント

caution.gif当ブログ記事は、日本国著作権法および国際法により権利が保護されています。無断で 画面の写真、ハードコピー、その他の二次複製物を無断で使用することは権利の 侵害になりますのでご注意下さい。
This blog post, right has been protected by copyright law and international law. Without permission screen photo of, hard copy, that you use the other secondary copies without permission is a violation of the rights Please note.
- - - - -
All rights reserved. Copyright (C) Motosoft(Toshi At Kuroneko) 2007-2018.