So-net無料ブログ作成
お知らせ

 当ブログは、ブログに割当てられたディスク容量が満杯になったため、2017年1月8日に、続ブログへ移転しました。

 【移転先】
  続・Emi Clockは、どうなったの?
  https://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/


  RSSフィード
  https://yuna-k.blog.so-net.ne.jp/index.xml

MS Bot Framework 3.0 + goo APIで組織・人名に反応するチャットbot [チャットbot]

2016年10月10日(月曜・祝日)
※1) 2016.10.19 05:40 テストサイト終了時期の記述を訂正


きょうの横浜は、午前中は[曇り]曇りでした。

最近、脳みそが、「ポケモン GO」、「クラウド」、「AI チャットbot」の 3種類で飽和しており、寝食忘れて没頭するありさまです。
なので、ブログネタがないです。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[組織・人名に反応するチャットbot]
広い意味でのAIというか、人間のように会話するチャット(音声、文字)では、機械学習がベースになっているものが注目されていますが、機械学習で難しいのは、組織の名称や、人名を、それと認識させることです。
いくらでも、新しい組織や人名が出てくるわけであり、百科事典を 5,000冊、機械学習したからといって、100%認識できるものでもありません。
そもそもが、人間ですら、新しい組織名や人名を、そうであると理解できないことも多いです。

NTTレゾナント社gooラボに、固有表現抽出APIを使わせていただいたので、組織・人名に反応するチャットbotを、Azureクラウド上に構築し、Microsoft Bot Framework(South Central USリージョンのAzureサーバで動作)に公開して、デモサイトを作って、実際に動かせるようにしました。

日本語形態素解析では、日本語を分解し、品詞(名詞、動詞、助詞、接続詞、、、)を特定しますが、固有表現は辞書がないと精度が悪いです。
gooラボの固有表現抽出APIでは、ART(人工物名)、ORG(組織名)、PSN(人名)、LOC(地名)、DAT(日付表現)、TIM(時刻表現)の抽出が可能ですが、今日の時点(V1)では、組織名と人名に反応するチャットbotを作りました。
試作実験なので、同じ反応では、つまらないので、あえて、2種類の反応をするように実装しました。

(1) 組織名
 「シャープ」、「ソニー」などの組織名(企業名を含む)が会話に出現すると、組織名を箇条書きにリストアップして、Wikipediaへのハイパーリンクを追記して返すようにしました。
 企業情報をより詳しく調べたいときなどに便利です。

(2) 人名
 機械学習させた例文ナレッジで用いて、その人名を含む応答文を返すようにしました。
 きょうの時点では、機械学習を 100回ぐらいしかやっていませんので、かなり、とんちんかんな反応をしますがww

おおまかな、会話プロセスフローは、下図の通りです。
MS Bot Framework 3.0 + goo APIで組織・人名に反応するチャットbot
実際にMS Azure上のクラウド環境に、Androidスマホ(Wi-Fi接続)で動かしてみたチャット例が、以下になります。
MS Bot Framework 3.0 + goo APIで組織・人名に反応するチャットbot
上記のチャット画面で、ハイパーリンクにタッチすると、Wikipediaで組織情報を詳しく知ることができます。
たとえば、「任天堂」をクリックすると、以下の画面が表示されます。
MS Bot Framework 3.0 + goo APIで組織・人名に反応するチャットbot
ほらね?!
これなら、何かに使えそうでしょう。

トライアル版Azure Subscriptionなので、10月15日ごろまでは、実際に動かせますが、それを過ぎると、動かなくなるはずです。
トライアル版のため、予告なく、動作しなくなるかもしれませんがご容赦ください。

チャットbotのお試しは、こちらです。
  ↓ 
https://microsoft-apiappf0cdfce67ee04f7eac082f57026e6c0c.azurewebsites.net/

LINEができる知識があれば、使えますので、5分ぐらい、お試しください。

システムは、Microsoft Azureクラウド上に構築しています。
MS Bot Framework 3.0 + goo APIで組織・人名に反応するチャットbot
セキュリティのために、伝送路はSSLで暗号化しています。

[MS Bot Framework 関連ブログ]
Microsot Bot Framework 3.0で 簡単にbotが作れる!
Microsot Bot Framework 3.0 と MeCabで なんちゃってbotを作る
Microsot Bot Framework 3.0で もっとbotぽいbot試作
Microsot Bot Framework 3.0で LUISが使えず 自作のIRC会話bot移植
Microsot Bot Framework 3.0で 最新のニュースを取得するbotを作る
Microsot Bot Framework 3.0で ニュースbot公開途中でエラーのち成功
Microsot Bot Framework 3.0で ニュースbotフィジビリティスタディ終了
Microsoft LUISの日本語 自然言語理解を試してみた
Microsot Bot Framework 3.0で もっとbotぽいbot試作のお試しサイト
Microsot Bot Framework 3.0で ニュースbotデモサイト復活 (※1)
Microsot Bot Framework 3.0で 飲み会調整botデモサイト、勤怠連絡bot (※2)
MS Bot Framework 3.0 + goo APIで組織・人名に反応するチャットbot (※3)

※1)ニューストピックチャットbotのお試しは、こちらです
https://microsoft-apiappe1511ed89a014eff94d98cd9ffab6c50.azurewebsites.net/
※2)飲み会調整チャットbotのお試しは、こちらです
https://microsoft-apiapp937554448978497cb48a05cb30f2eb14.azurewebsites.net/
※3)組織・人名に反応する雑談チャットbotのお試しは、こちらです
https://microsoft-apiappf0cdfce67ee04f7eac082f57026e6c0c.azurewebsites.net/

― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
[追伸]
きょうは、16時間、PCで作業していたので、ほとんど外へ出ませんでした。
ポケモン GOは、近所でゴースをゲットした程度です。

教訓・要点:
自分でできもしないものを、他人に要求して、さも当然のような顔をする人は、いちばん信用ならない。

supported by goo

※ポケモン GO、機械学習、AIチャットbot関係のブログは、コメント欄を閉じさせていただいております
nice!(97) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 97

Facebook コメント

caution.gif当ブログ記事は、日本国著作権法および国際法により権利が保護されています。無断で 画面の写真、ハードコピー、その他の二次複製物を無断で使用することは権利の 侵害になりますのでご注意下さい。
This blog post, right has been protected by copyright law and international law. Without permission screen photo of, hard copy, that you use the other secondary copies without permission is a violation of the rights Please note.
- - - - -
All rights reserved. Copyright (C) Motosoft(Toshi At Kuroneko) 2007-2018.